カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

煎茶製造工程の説明

煎茶の製造工程を説明します。

生葉投入工程
機械で刈取ってきた生葉又は、手摘みの生葉を給葉機に投入します。
給葉機
生葉
摘採生葉
蒸し工程
蒸機給葉機から蒸機に生葉が送られます。蒸気で蒸して生葉の酸化酵素の働きを止めます。持ち込まれた生葉と蒸し上がりの状態を見て、蒸気量・蒸し時間を調整します。
当社へ加工委託される茶園は、抹茶の産地のため棚下覆下茶園・直被せ茶園が多いため、胴の短く蒸し時間が短い碾茶用の蒸機を使用しています。
冷却工程
冷却機蒸しあがったお茶の葉を金網のコンベアを移動しながら、金網の下からブロアで空気を吸引し、蒸し葉を冷ましながら蒸し露を除去します。
粗揉工程
粗揉機1粗揉機の中で蒸し葉を機械に水平に取付けられた回転軸の葉さらい手で蒸し葉をかきあげ熱風にあてて乾かしながら、同回転軸の揉み手で揉みます。

当社のラインは、蒸気の通りやすい棚下覆下茶園・直被せ茶園の被せ芽を適切に効率良く加工できるように、風量・熱風温度・回転軸速度を自由に調整できる粗揉機を第一工程に据え、第二工程の粗揉機で加工温度・時間を調整し、次工程に最適の状態で送ります。

粗揉機
揉捻工程
揉捻機葉・茎の内外の水分量を均一にするため、粗揉機から送られたお茶の葉を揉捻機で回転しながら、揉み込みます。
中揉工程
当社のラインは、効率よく加工できるように中揉工程を2台の中揉機を連結して稼動しております。
高温設定の写真上段の第一工程と低温設定の下段の第二工程のです。
揉捻工程の仕上り具合を見て、第一工程の加工時間を設定し、第二工程で適宜乾燥具合を手と目で確認し、次工程に最適な状態で加工を終えます。
中揉機
精揉工程
精揉機お茶の葉に熱と力を加えながら、棒状に形を整えながら乾燥させます。
お茶の葉の状態を見ながら、加重を変えます。写真の赤色半円形のおもりの位置を変えて加重を変えます。写真は最大荷重の位置です。
乾燥工程
乾燥機揉みあげたお茶を乾燥機で十分乾燥させます。このお茶を「荒茶」と言います。
コンベアで乾燥機の上部の投入口に投入されてから約20分で写真下方の排出口より茶箱に排出されます。

ページトップへ