カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

おいしいお茶の淹れ方

Untitled Page

抹茶

ここでは、作法にはこだわらず、ご家庭で気軽にお飲みいただけるようご紹介いたします。

1.まず、抹茶茶碗、茶筅、茶杓をご用意願います。

2.抹茶茶碗に1/3程度お湯を入れ、茶筅を浸します、茶筅の先に水分を含ませやわらかくするのと同時に茶碗を温めます。

3.次にポットのお湯を約60ccを他の茶碗又は、湯呑みに入れ湯冷ましします。適温は80℃程度です。

4.抹茶茶碗のお湯を捨て、茶杓山盛1杯半(1.5〜2g程度)のお抹茶を茶碗に入れます。

5.湯冷まししたお湯を茶碗に注ぎ、茶碗の底の抹茶のだまをつぶすように茶筅の先で茶碗の底を撫でるように手前に茶筅をゆっくり動かします。

6.茶筅の先を茶碗の底から離し、「m」の字を書くようにすばやく手首のスナップを利かせ泡立てます。このとき肘を伸ばした方がやりやすいと思います。

7.程よくあわ立ちましたら、大きな泡をつぶすように茶筅を浮かせてゆっくり「m」の字に動かします。

8.最後に「の」の字を書くように茶筅を動かし、茶碗の中心より茶筅を引き上げると、中央部で泡が盛り上がり、目で見ておいしそうに仕上がります。


煎茶

標準的な煎茶の淹れ方をご紹介いたします。

1.お湯をやかんで沸かし、沸騰してから火を弱めてやかんの蓋を取り、3〜5分程度おきます。水道水に含まれるカルキ(塩素)を飛ばします。十分カルキを飛ばした後に、お湯をポットに入れておきます。

2.人数分の湯飲みにお湯を8分目(約60〜80cc)程度、ポットから注ぎます。これで湯呑みを暖めながらお湯の温度を下げ、さらにお湯の分量を量ることができます。

3.お茶の葉を急須に入れます。1人分の場合は、約3g(およそティースプーン1杯分)とします。2人以上の場合は、1人分を約2g(およそティースプーン軽く1杯分)とします。

4.湯飲みに入れたお湯を急須に注ぎ、1分程度まちます。(お湯をポット⇒湯呑み・湯呑み⇒急須へ移す時に、お湯の温度が、5〜10℃づつ湯冷ましできます。具体的には、ポットのお湯の温度が90℃としますと、湯飲みに移して85〜80℃程度に下がり、更に急須に入れると80〜70℃のお湯でお茶を淹れることになります。

5.次に急須から湯飲みに濃淡の差が出ないように、順に注ぎ、最後の一滴までお茶の分量を均等に注ぎます。お茶の色合いを見ながら、2〜4回程度各湯飲みにお茶を注ぎます。

6.2煎目は、湯冷ましせずポットから直接急須にお湯を注ぎ、10秒程度置き、上記5.と同じようにお茶を注ぎます。


かりがね(茎茶)

・渋みをおさえてお飲みになる場合は、基本的には煎茶でご紹介した方法と同じです。

・かりがね特有の香りをお楽しみいただく場合は、急須にお茶を人数分入れて、湯飲みで湯冷ましせず、ポットから直接人数分のお湯を注いで下さい。(事前に湯呑み8分目のお湯又は水を人数分急須に入れて、急須にどれだけお湯を入れればよいか、確認しておくと適量のお茶をだすことができます。)

注:ここに挙げた例(煎茶・かりがね)は、ほんの基本的なものですので、お茶を飲まれる方の好みにより、お湯の量・温度、お茶の量、急須にお湯を入れておく時間(浸出時間)を変えて、自分好みのレシピをお探し下さい。なお、熱いお茶を好まれる方は、お茶の量・急須に入れておく時間(浸出時間)のどちらか、又は両方をを少なめにすることをおススメします。(お湯の温度が高いと苦味・渋み成分が出やすくなるため)


ほうじ茶・玄米茶

1.大振りの急須又は、土瓶と大振りの湯呑みをご用意ねがいます。

2.お茶の量は、煎茶と同じ(2〜3g)ですが、お茶が軽くかさがありますので、分量をはかるのに一人分は、「大さじ」軽く1杯程度が目安となります。人数分のお茶を急須に入れます。

3.ほうじ茶・玄米茶どちらのお茶も芳ばしい香りを楽しむお茶ですので、香りが出るように高温のお湯で淹れます。沸騰したお湯をやかんから直接又は、ポットのお湯を急須に注ぎ、30秒程待ちます。お湯の量の目安は、およそ一人分100〜120cc程度です。

4.次に急須から湯飲みに濃淡の差が出ないように、順に注ぎ、最後の一滴までお茶の分量を均等に注ぎます。お茶の色合いを見ながら、2〜4回程度各湯飲みにお茶を注ぎます。

5.2煎目は、お湯を注ぎ、一呼吸おいてすぐに注ぎ分けて下さい。2煎目でほとんどの成分が出尽くしますので、次にお茶を出す場合は、お茶を替えてください。

ページトップへ